【2022年】中島啓太のクラブセッティング!スイング動画や飛距離は?

男子ゴルファー中島啓太(なかじまけいた)選手。世界アマチュアランキング1位として注目されています。

2021年11月にドバイで開催された「アジアパシフィックアマ選手権」では、見事に優勝を飾ります。この結果により2022年「マスターズ」と「全英オープン」の出場権を獲得しました。

今後も、ますます活躍が期待されています。

さて今回の記事では、中島啓太選手の【2022年】クラブセッティングについてお伝えしていきます。併せて、スイング動画や番手別の飛距離、スポンサー契約の関することもチェックしていきます。

それでは、ご覧ください!

どうぞ!

目次

【2022年】中島啓太のクラブセッティング!

中島啓太選手の【2022年】クラブセッティングを見ていきましょう!

中島啓太 【ドライバー】

ドライバークラブ名シャフトロフト長さ硬さ
1Wステルスプラスグラファイトデザイン・プロト11.4度44.75TX

中島啓太 【フェアウェイウッド】

フェアウェイウッドクラブ名シャフトロフト長さ硬さ
3Wステルスプラスグラファイトデザイン・プロト14度42.75TX
5WツアーAD UB718度41X

中島啓太 【アイアン】

アイアンクラブ名シャフトロフト長さ硬さ
4IP7MCグラファイトデザイン・プロト24度38.5不明
5I27度38
6IP7MB31度37.5
7I35度37
8I39度36.5
9I43度36
PWミルドグラインド346度35.75

中島啓太 【ウェッジ】

ウェッジクラブ名シャフトロフト長さ硬さ
AWミルドグラインド3AMT ツアー ホワイト52度35.5X100
SW56度35.25X100
LWHI-TOE RAW ウェッジ59度35S200

中島啓太 【パター】

中島啓太選手が使用しているパターは「TPコレクション ハイドロブラスト JUNO TB1」になります!

中島啓太 【ゴルフボール】

中島啓太選手が使用しているゴルフボールは「TP5x」になります!

中島啓太のスイング動画をチェック!

中島啓太選手のレッスン動画を発見しました!

2020年3月9日に公開されているので、約2年前の中島啓太選手になります。

動画の始めのほうは、3つのポイントを意識して練習していました。

  • 左の膝を曲げたままスイングする
  • 左の膝を使ってクラブを引きつける
  • フィニッシュは少し伸びる

動画を見ると分かりますが、かなり細かいところまで意識されていますよね。

アマチュアゴルファーの方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

中島啓太の番手別飛距離は?

中島啓太選手の番手別の飛距離になります!

番手飛距離
1W290
3W265
5W245
4I215
5I200
6I185
7I175
8I165
9I150
PW140
AW125
SW110
LW90

中島啓太のスポンサー契約は?

中島啓太選手は、「テーラーメイド」社と用具使用契約を結んでいます。

以前までアマチュア選手は原則的に金銭的な報酬を得られませんでしたが、規則改定があり2022年1月からスポンサー契約などを結ぶことが可能になりました。

当時の中島啓太選手のコメントになります。

「テーラーメイドの製品は、私のこれまでのキャリアにおける勝利と成功に不可欠な要素であり、正式にチームテーラーメイドの一員となれることを誇りに思います。テーラーメイドのスタッフは、最初から私を家族のように感じさせてくれて、ゴルフ界でも最高性能の製品を使用して世界中のツアーで活躍するチームに参加できることに興奮しています」

引用元:https://www.nikkansports.com

また、中島啓太選手はマネジメント会社「エクセルスポーツマネジメント」と契約しています。

タイガーウッズ選手やジャスティン・トーマス選手、コリン・モリカワ選手らをサポートしており、何と中島啓太選手の契約は日本人初の出来事になります!

これはまさに世界的にも中島啓太選手が注目されている証拠ですよね。

中島啓太のプロフィール!

https://twitter.com/golfnetwork_jp/status/1518815213046611968?s=20&t=4P-0Aob4OwhCJymqkH6xfQ

中島啓太選手のプロフィールになります!

  • 名前:中島啓太(なかじまけいた)
  • 出身:埼玉県
  • 生年月日:2000年6月24日
  • 年齢:21歳(2022年5月現在)
  • 身長:177センチ
  • 血液型:A型
  • 大学:日本体育大学在学中

中島啓太選手はテレビを見たことがきっかけになり、小学1年生の時からゴルフを始めます。

小学1年から本格的に競技を始め、石川遼を輩出した杉並学院の元ゴルフ部監督・吉岡徹治氏が主宰するジュニアアカデミーにも参加していた。2015年「日本アマ」では15歳で決勝に進出するも、金谷拓実に敗れた。18年「アジア大会」の日本代表として、団体・個人で金メダル。20年11月には男子アマチュアの世界ランキングで1位に輝いた。競技不成立の18年も含めて4度の2位があった「日本アマ」では21年に優勝。さらに前年の金谷に続き、年間最優秀アマに当たる「マーク・マコーマックメダル」を受賞した。21年「パナソニックオープン」で史上5人目のアマ優勝。同年の「アジアアマ」で松山英樹、金谷拓実に続く日本勢3人目の優勝を遂げた。

引用元:https://news.golfdigest.co.jp

まとめ

今回は、中島啓太選手の【2022年】クラブセッティングやスイング動画、番手別飛距離、スポンサー契約についてお伝えしてきました。

現在はまだ大学生ということで、これからの伸びしろが楽しみですよね。

それでは、この辺で!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

注意:実際に選手が使用している道具と異なる場合があるので、あくまで参考としてご覧ください。

ポチッと押して下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

みなさん、初めまして!hiroです。

ゴルフや野球、サッカーなどスポーツに関する情報を発信していきます。

宜しくお願いします!

コメント

コメントする

目次